薬師寺 法相宗大本山 薬師寺

東塔

薬師寺は度重なる天災人災により数多くのお堂を失いました。その中で創建当初から唯一現存する建物が東塔です。

東塔には屋根が6つありますが、下から1,3,5番目の小さい屋根は裳階もこし(飾りと風よけの為の小さな屋根)で、内部は三層が重なった、三重塔です。
屋根の大小がおりなすバランスがとてもリズミカルで「凍れる音楽」とも評されました。

平成21年より史上初の全面解体修理に着手しており、令和2年4月に落慶法要を勤修する予定です。