薬師縁日

 

大般若経転読法要

東京別院では、毎月12日を「薬師縁日」として「大般若経転読法要」を厳修致します。

「転読」は通常僧侶によってのみ行われる作法ですが、当別院では特別に

ご参拝の方全員に「大般若経」を一巻ずつお配りし、僧侶と共に転読の作法をして頂きます。

 

また、縁日限定の特別祈願札「大般若経転読諸縁吉祥札」の申込みを承ります。

ご宝前にて導師により一躰ずつ、ご祈願がなされ法要後授与されます。

 

 

縁日法話

法要後には薬師寺管主の法話があります。

幸せに生きるには、身近な目標を持ち、夢や希望を持ち、優しさと慈悲の心を持つこと。

人間としての生き方をわかりやすく説く法話会です。

 

お呈茶

法話会終了後にはお抹茶のご接待がございます。