東京別院 修正会

修正会のいわれ

古来奈良の諸大寺では、正月に勤める修正会のご本尊として、美と幸福の女神「吉祥天女像」がお祀りされ信仰を集めました。
東京別院でも本山の吉祥天女像(国宝 天平時代)のご分身をご本尊としてお祀りし、
天下泰平・開運招福・家内安全の為に初祈願法要を厳修致します。
元日から3日まで、法要の後は新春法話やお抹茶のご接待があります。
(感染拡大防止のため、お抹茶のご接待を現在中止してます。)

 

初笑狂言会

2日は「初笑い狂言会」の奉納が中庭の石舞台で行われます。

 

東京別院 年始のご案内

 1月1日

午前10時 開門、お写経受付
午後1時  修正会法要と新春法話
午後5時  閉門

1月2日

午前9時  開門、お写経受付
午前11時 修正会法要と新春法話
午後1時  初笑い狂言会
午後5時  閉門

1月3日

午前9時  開門、お写経受付
午前11時 修正会法要と新春法話
午後5時  閉門

※上記期間中、御朱印は書き置きにて対応を致します。