令和2年 天武忌・万燈会・柴燈大護摩のご案内

 天武天皇・持統天皇・大津皇子(小倉遊亀画伯筆)の三神像をご本尊として天武忌・万燈会を厳修し、ご遺徳を偲ばせていただく時節となりました。
第40代天武天皇は、国土泰平・万民豊楽を願い薬師寺創建を発願されました。この大いなる誓願に則り、本年の天武忌・万燈会・柴燈大護摩・大般若経転読法要では、国難ともいえる疫病が1日でも早く終息することをご祈願させて頂きます。
 本来であれば、皆様方にご参列を賜り厳修すべきではございますが、天武忌・万燈会の会場である食堂においては、三密が避けられません。よって、薬師寺一山僧侶のみで勤めさせていただくことと致しました。ご寛容のほどお願い申し上げます。
 また、薬師寺修験咒師本部による柴燈大護摩は屋外での行事ですが、感染防止のためマスク着用の上、三密を避けてご参列ください。

日中の部:大般若経転読法要・柴燈大護摩・火渉三昧  ご参列いただけます
夜の部 :天武忌法要・万燈会  僧侶のみで厳修致します。本年はご参列いただけません。
※お写経道場は終日(午前8時半~午後5時)開場しております。
※10月8日の加藤朝胤管主による法話はございません。

詳しくは天武忌のページをご覧ください。

※置燈篭のご寄進、献燈、添護摩によるご祈願を承っております。
 ご祈願を希望される方は、下記の申込フォームよりお申込みください。ご案内状・ご祈願申込書をお送り致します。
※ご参拝時には、マスクの着用とアルコール消毒の励行をお願いいたします。

合 掌



昨年の天武忌法要の様子

置燈篭のご寄進、献燈、添護摩によるご祈願を承っております。
ご祈願を希望される方は、下記の申込フォームよりお申込みください。天武忌ご案内状・御祈願申込書をお送り致します。

○ご寄進・ご祈願料のお納めは資料に同封の払込取扱票をご使用ください。